意味がないようで意味はある、クレジットカード現金化のメリット

クレジットカードを持っていれば日常生活の殆どのお買い物やサービスを受ける事が出来て後払いと言う点に気を付けて、計画的に返済方法も立てておけばとても便利なアイテムと言えるクレジットカード、業者に頼んでショッピング枠の中から現金化してもらおうとする人も増えてきています。

カード一枚あれば財布の中身も現金で嵩張らないし、そもそも貴重なキャッシング枠を消費して現金化するのは意味ない行為に一見すると見えますが、消費してまで現金化を行うのにはメリットがあり意味もあります。

その中でも現金化しようとしたきっかけとして、多く挙げられるのが以下の二つになります。

キャッシングで行うよりも手に入りやすい

お金が無いなら消費者金融で凌ぐのは手段としては有効ですが誰しも出来るとは限りません。

少なくとも申し込みの際には必ず審査が入り特に、

  • 一定の安定した収入面
  • 個人信用情報(過去の返済やローン等遅延や遅滞歴の有無)

2つの項目はしっかりと確認している為少しでも引っかかる要素があれば申し込みの時点で断られるケースも珍しくありません。これはクレジットカード会社が用意しているキャッシング枠も同様です。

しかし現金化はショッピング枠を利用して現金化する為審査は一切不要でショッピング枠に空きさえあればその中から現金化出来ます。

キャッシングに比べると手間もかからない上に確実に現金が貰えると言う点は通るか通らないか分からないキャッシングよりも信頼性はあると言えます。

クレジット決済に対応していない場所を利用しないといけない為

クレジット決済に対応しているお店や交通機関は存在していますが全部が対応している訳では無く一部のスーパーやドラッグストア等ではクレジット決済に対応する費用で商品をその分安くしたり手間やお金がかかるからと取り入れていない所も未だに存在します。

また公共交通機関でも買えるのはみどりの窓口等購入口に人がいる駅やバスセンター等に限りそれ以外の無人駅等では現金でしか切符を買えない為クレジットカードも便利とは言い切れません。

事前に使えないのが分かっているのであれば現金を用意する事が出来ますが後になって使えないと分かった場合すぐに現金化出来る方法としてクレジットカードの現金化が候補に上がり使う業者にもよりますが長く見積もっても30分~1時間もあれば現金を用意する事が出来る為緊急時の選択肢として選ばれています。

クレジットカード現金化は意味のない行為に見えて実態を調べて見ると意外と意味のある物となりました。

そもそも意味がないのであればここまで規模は大きくなってはいないので現金化も急な現金での出費が迫られた時の選択肢として選ぶだけの価値は充分にあるでしょう。

勿論クレジットカードを持っている事前提ですが…