クレジットカード現金化を利用した部分は任意整理で減額できるか?

クレジットカード現金化を利用する場合、キャッシング限度額をフルに利用していたり、複数の消費者金融などから借入をしていることが少なくありません。

しかし、いわゆる多重債務状態に陥ると、やがて返済が滞り督促が来るようになります。

そのような状況になっても、借金を整理することで生活の再建を目指すことができます。

一番簡単な借金の整理方法が任意整理です。

任意整理とは、消費者金融やカード会社などの債権者に対し、本人又は代理人弁護士など資格のある者が返済についての条件交渉を申し入れ、和解を行う手続のことです。

あくまでも任意の手続であるため、業者側には応じる義務はありません。

しかし、焦げ付いた債権のままでいるよりは、回収可能性を高めた方が得策です。

そのため、本人に有利な条件での和解も見込めます。

どのように有利かといえば、利息制限法を超えて支払った利息を元本の返済に回すことにより残債務が減ることと、以後の利息が無しになることが一般的です。

ただ、本人の借入状況や返済状況に不誠実な点が目立つ場合などは、業者側の印象が悪くなり、任意整理が成立しないケースもあります。

例えば、短期間に多額の借入を行って、あまり返済もしないうちに任意整理を申し込んだ場合などです。

極端な場合は詐欺を疑われることもあります。

さて、気になるのはクレジットカード現金化を利用した場合に任意整理への影響があるかどうかです。

クレジットカード現金化を利用した場合でも、通常のショッピングと同様に返済を続けていたなら債務整理に応じてもらえる可能性は低くないでしょう。

一括返済を求めても無理なことは、カード会社もわかっているからです。

但し、任意整理に期待する元本の減額は無理な場合が多くなります。

なぜなら、クレジットカード現金化はショッピング枠の利用であり、毎月かかる費用は利息ではなく手数料だからです。

利息ではない以上、利息制限法は関係なく、金額もそのままです。

とはいえ、任意整理をすれば以後の利息はカットされるのが通常であり、借金分の元本は利息制限法の関係で減る可能性があります。

何より、毎月払える額の返済をするだけで厳しい取立てがなくなるのですから、任意整理のメリットは大きいです。

全国対応

北海道地方 北海道
東北地方 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東地方 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
中部地方 山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、岐阜県
近畿地方 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国地方 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国地方 香川県、愛媛県、徳島県、高知県
九州、沖縄地方 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

サイトマップ